スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルジーネ 5

さて、前回は腕関節にアルミ線を通すところまで進みました ∩(´∀`)∩♪


最初は、「そんな加工初めてで上手くいくかな~」と不安がありましたが、あせらず丁寧に進めれば、そんなに難しいことではありませんでした (≧∇≦)b


「習うより慣れろ」ですね!


20120215 (3)


さて、次は各関節部分にエポパテでシーリングの表現をくわえていきたいところですが・・・


残念ながら、現在手元にあるパテがどうもネチョネチョしすぎて具合が良くありません(-_-;ウーン


腕パーツの中に詰め込むくらいならともかく、関節カバーのような表現をつくりだすには苦労しそうです。


ですので、新しくパテを探すまでの間に、その他の細かな部分を進めていきます。


20120216.jpg


ハッチの部分は開閉可能な状態で仕上げる予定なのですが、キットのヒンジの部品が華奢過ぎて作業中に折れてしまったので、1mmのアルミ線にヒンジを置き換えました。


ハッチに1mmの穴をあけて、差し込んだアルミ線をゼリー状の瞬間接着剤で固定。
胴体側にはそのまま差し込んだだけになっています。

さらに、他の人の真似っこではありますが、0.8mmのビニールでコーティングされた針金をハッチを開けた際のストッパーとすることにしました。

ハッチと胴体に0.8mmの穴をあけて差し込むだけの簡単加工でございます v(。・ω・。)ィェィ♪


20120216 (2)

他にも、付属のパイロットフィギュアのマスクにはホースなどの部品は付属していないため、これまた0.8mmのビニールコート針金で、酸素マスクのホースのようなパーツを自作。

20120216 (3)


なんとなくそれっぽくなりました∩(´∀`)∩ワァイ♪

実際にはもう少し巻きつけた方の針金が細いとリアルなのかもしれませんが・・・
ただ、100円ショップで手に入った一番細いものが0.8mm径だったのでいたしかたありません
(・へ・;;)


さて、このフィギュアですが、このまま取り付けたのでは追加したホース部分が胴体に干渉しますので、さらなる加工が必要です。


20120218.jpg



首をチョンパして・・・



20120222 (6)



首を少し横に振った状態で固定。ホースの逃げるスペースを作ります。
首と胴体は1.5mmアルミ線で軸を作った上で接着しています。

さらに、キットのままだと、フィギュアと操縦席の間に隙間があいてしまっていたので、両サイドにパテを盛り付けて、ピッタリとはまるように加工しました。

それにしても、写真に撮ると大きく見えますが、実際には2cm無いような小さな顔です。

これに上手く色を塗ることができるんだろうか・・・(;´▽`A``


不安を抱えつつも、加工は続く~ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
FC2カウンター
プロフィール

たにーちょ

Author:たにーちょ
はじめまして(^^)
たにーちょと申します。

最近チャレンジを始めた「マーシーネンクリーガー」のプラモデル作製をメインに、ロードバイクのことや、日常のことなどをつらつらと書いていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
<(_ _)>


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリーに参加しています!
是非ご覧下さい =*^-^*=

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。