スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケッツァー 7

京都の暴走交通事故、大変悲しい事故となっております。



加害者の方は過去に起こした事故の後遺症による発作で治療中、医師からも運転を止められていたということですね。


加害者本人が亡くなっているため、今回の事故の原因が発作にあったかどうかは、確認が難しいようですが、なんだか事故直前にハンドル操作をしているなど意識があったかもしれないということですね~。


意識があったとすると、いったいどんな理由でこんな暴走事故をひきおこしたのやら・・・?



そういえば、たにーちょの知り合いのじい様で、運転中に脳梗塞をおこして電柱にぶつかって三途の川に首までつかって帰ってきた方がいらっしゃいます。



じい様と「他人様を傷つけることが無かったのが不幸中の幸いだね~」なんて笑ってたものですが・・・



てんかん発作に限らず、運転者が突然意識を失って車が暴走する可能性は0ではないので、歩行者自身も常に警戒を怠らないようにしなければいけませんね~ σ( ̄、 ̄=)



基本は、自分の身は自分で守るであります。




さてさて、閑話休題。



ケッツァーの工作も大詰めであります。




前回制作したメルジーネには、緻密な溶接跡のモールドが施されていたので、自分で工作する必要は無かったのですが、今回のケッツァーには全く溶接のモールドがありません ( ̄ω ̄;)



たにーちょは、あんまりごつくて不細工な溶接跡をモリモリとつけるのは好きではないのですが・・・



とはいえ、まったく溶接跡が無いのも寂しいので、fgで見つけた方法で溶接跡の加工をおこなってみます。


溶接跡の工作には、「エポパテを細く伸ばしたものを使う方法」が一般的?のようですが、今回は、0.5mmの細いプラ棒を使用します。


20120330k1.jpg


エバーグリーンの0.5mm×0.5mmのプラ角棒であります。



こいつを、溶接跡をつけたいところに接着し、接着剤で溶けて柔らかくなったところを、任意の方法で押しつぶして溶接跡のような表現をつけるという方法であります。


fgでは「プラストラクト」というメーカー?のプラ棒が柔らかくて加工しやすいということでしたが、たにーちょの住まい周辺では手に入らなかったため、エバーグリーンの物で代用であります。



20120330k2.jpg



流し込み接着剤を使用しながら、曲面に貼りつけていくのですが、0.5mmと細い割にはプラ棒が結構硬くて、なかなか曲面にピッタリとフィットしません ( ̄ω ̄;)


最終的には、通常の接着剤をたっぷりと塗りつけて押さえつけるようにして接着しております。



それだけ、接着剤をつければプラ棒が溶けて軟化しているはずですので、あとは何らかの方法で溶接跡のような凹凸のモールドをつけていけばよいだけなのですが・・・



20120330k3.jpg



これが、思いのほかプラが固くて、いくら接着剤を含ませてもなかなか柔らかくなりません (´Д`)



ケガキ針で、かなり無理やり押しつぶして加工しました (@Д@;


fgに投稿されていた方の記述では、プラストラクトのプラ棒なら、そのままでも押しつぶせるくらいということでしたから、エバーグリーンのプラ棒はそれに比べてかなり固いようです。



20120330k4.jpg



それでも、どうにかこうにか加工を終えました (;´▽`A``



はみ出した接着剤や、押しつぶし過ぎて変形した部分などは、後ほどヤスリで削って整えます。



ちょっと苦労しましたが、太すぎず、シャープな溶接跡を表現できたのでヨカッタ~ ∩(´∀`)∩ワァイ♪
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
FC2カウンター
プロフィール

たにーちょ

Author:たにーちょ
はじめまして(^^)
たにーちょと申します。

最近チャレンジを始めた「マーシーネンクリーガー」のプラモデル作製をメインに、ロードバイクのことや、日常のことなどをつらつらと書いていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
<(_ _)>


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリーに参加しています!
是非ご覧下さい =*^-^*=

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。