スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PKA Ausf F FLIEGE 2

なんだか台風ばっかりで、さわやかな秋晴れが無いまんま冬になってしまいそうですね~ ><



・・・で、フリーゲの殻割り進行中。



20131025flg01.jpg


付属のひげおじさんをスケールに、内装をデザイン。


こうやって見ると、スーツちっちゃくないすか?


これじゃあ、気密性を上げるための機構や、生命維持に必要な装備、動力源を仕込むスペースが足りなさそうです。


まあ、その辺は700~800年先の未来のお話なんで、現在の知識では思いつかないような、様々な最先端技術が投入されているのでしょう。



さて、内装の制作には、「木パテ」を使います。



20131025flg03.jpg


横山センセのモデリングブックでも紹介されている「木パテ」ですが、硬化時間が極めて短いのが特徴。



何と10分ほどで切削作業ができるくらいに固まるそうです。



今までは、「そんなに硬化時間短いと、形作る前に固まっちまうよ~」と使ったことなかったのですが・・・



最近、パテ工作にも少し慣れてきたので、ここらで新しいマテリアルにチャレンジであります (≧∇≦)b



20131025flg02.jpg



まずは腕部分の出っ張りを切り取って、開口部を広げます。



その後は、木パテを少量づつ練っては工作を繰り返して・・・



20131025flg04.jpg




こんな感じ。



メーターパネルはF1から拝借。



木パテいいですね~ ヽ( ̄∇ ̄)ノ



今回のように、一か所に複数の工作物が集中するような場所では、少し作っては硬化させて、その上に次の工作を重ねるという手順がスムーズに進行します。


パテがすぐ硬化するので、それこそ小指の先ほどのパテを練っておいて造形。だいたい形の決まったな~という頃には10分程経過して、ちょうど良く固まってきますので、また次のパテを練って作業とテンポよく進みます。



これが、タミヤのパテのように、硬化に数時間かかるパテだと、せっかく形が決まっても、他の部分を作業しているうちに、うっかり触ってグンニョリンコなんてことになりがちですからね~。



とにかく、ポイントは練るパテを必要最小限にすること。



目測を誤って、多めに練ってしまうと無駄にしてしまいます。



パテをネリネリまったり続く~ ∩(´∀`)∩
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
FC2カウンター
プロフィール

たにーちょ

Author:たにーちょ
はじめまして(^^)
たにーちょと申します。

最近チャレンジを始めた「マーシーネンクリーガー」のプラモデル作製をメインに、ロードバイクのことや、日常のことなどをつらつらと書いていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
<(_ _)>


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリーに参加しています!
是非ご覧下さい =*^-^*=

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。