スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルジーネ 11

さて、塗装作業が始まったばかりですが、ここで一度手を止めて工作作業に戻ります( ̄∇ ̄*)



20120303 (4)



腰や足など下半身部分の装甲板の接着でございます。


腰の部分の装甲板は、固定のためのヒンジ部分になるパーツが非常に華奢にできていますので、早めに固定して破損してしまうのが嫌だったので最後に回しました。


20120303 (5)


こんなにほっそいパーツであります(-ω-;)


20120303 (3)


接着作業に当たっては、事前によくパーツの合いを確認し、合いにくい部分はヤスリがけをするなどして調節。


組み付けて指で押さえながら、まずは瞬間接着剤を浸みこませて仮固定し、そのあとに流し込みタイプの接着材をしっかりと流し込んで本接着する方法にしました。




この流し込み接着剤というのは、こういった細かいパーツで位置決めが難しいものに便利なようですね(≧ω≦)b


つづいて、膝と足首の装甲板でございます。


20120303 (6)


こちらはそれ程気を使う作業ではないし、破損しやすい部分でもないのですが、装甲板の陰になる部分の塗装を先に進めておきたかったので下地の塗装が終わってからの接着にしました。


こうやって足単体で見ると、未来少年コナンに出てくるロボノイドっぽいですね (´▽`)



20120305.jpg


2日ほど待って、しっかりと腰の装甲板の接着が乾いてから上半身と下半身を組み合わせます。


う~ん。だいぶ様になってきましたね ∩(´∀`)∩ワァイ♪


次は肩の装甲板の接着ですね。


ここは、もともとは上腕の部分のパーツに固定するようになっていたのですが、今回は関節のシーリング加工をおこなったため、取り付け部分になるパーツを使用していません。

そのため、何らかの方法で肩に取り付けなければならないのですが・・・


肩のシーリング部分にそのままぺたっと接着しても、表面がデコボコで上手くいきそうにありません(・へ・;;)


いろんな方の制作記を拝見しても、この部分をどうやって接着しているかということにはほとんど触れられていないんですよね~


経験豊富な方にとっては「語るまでもない」ってことなんでしょうね ヾ(´ε`;)ゝ


「ムーチョ デ がばチョ」は「初心者の、初心者による、初心者のためのプラモ作製記」を目指しておりますので、このあたりもしっかりと掘り下げていくのであります ∠( ̄◇ ̄)
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
FC2カウンター
プロフィール

たにーちょ

Author:たにーちょ
はじめまして(^^)
たにーちょと申します。

最近チャレンジを始めた「マーシーネンクリーガー」のプラモデル作製をメインに、ロードバイクのことや、日常のことなどをつらつらと書いていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
<(_ _)>


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリーに参加しています!
是非ご覧下さい =*^-^*=

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。