スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア加工 シュトラール軍偵察部隊 2

さて、ポージングが決まったところで、フィギュアの制服を何とかしなければなりません。





もともとのフィギュアの服装は、防寒具のような服装になっており、今回のジオラマのテーマには合わないのであります σ( ̄、 ̄=)





20120804sw08.jpg





そこで、ヒートペンを使用したフィギュア加工にチャレンジであります ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ





まずは、不要なモールドを削り落してやります。





それと、不要ランナーを一本用意して・・・





20121006sw01.jpg






ヒートペンで少しずつプラを溶かして盛り付けていきます。





20121006sw02.jpg




盛り付けたプラと本体との接着は、ヒートペンの熱でもしっかりくっついているようでしたが、念のために流し込み接着剤をしみこませてやります。



プラを少しずつ盛り付けながら、形状を整えていきます。




20121006sw03.jpg




プラを盛り付け過ぎても、ヒートペンで自由に取り除いたり、薄く引き延ばすことができます。




20121006sw04.jpg





服のシワなんかも彫りこんでいきます。






20121006sw05.jpg






こんな感じに仕上がりました~ (≧ω≦)b





こういった加工は一般的にはエポパテを使うんだと思いますが、ヒートペンだとエポパテのように硬化時間に気を使わずに作業できるのが利点ですね。




ヒートペンを離せばすぐ固まりますし、接触させればすぐに柔らかく加工できるので、チマチマと試行錯誤しながら制作するのには便利ですね。




ただ、ヒートペンの性質上、加工した表面がどうしてもデコボコしてしまうので、加工後のヤスリがけが結構大変かも・・・ (・・;)





今度フィギュア加工するときは、エポパテでチャレンジしてみてどっちがいいか比べてみたいと思います ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
FC2カウンター
プロフィール

たにーちょ

Author:たにーちょ
はじめまして(^^)
たにーちょと申します。

最近チャレンジを始めた「マーシーネンクリーガー」のプラモデル作製をメインに、ロードバイクのことや、日常のことなどをつらつらと書いていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
<(_ _)>


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリーに参加しています!
是非ご覧下さい =*^-^*=

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。