スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイアボール 4

急な仕事が続いて、寝不足であります・・・ (*´ο`*)=3



年末年始はゆっくり家族と過ごしつつ、ロードバイクに乗りつつ、プラモいじりを楽しみたいものです 
ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




さて、ファイアボールは塗装に入りますよ^^



いつもの通り、マホガニーから初めて、下地になる色を心の赴くままに・・・




20121228fb04.jpg




おっと、ここで突然傭兵軍パイロットの奇麗どころが出てまいりましたね~ (´∀`)



FBと同時進行で塗装をしておりました。彼女についてはFBの後にまた詳しくお話しするのであります。



今回のFBでは、マシーネン専用塗料を試してみます。



20121228fb05.jpg




傭兵軍宇宙用スーツといえば、アンチフラッシュホワイトであります。



それを、ラッカー薄め液で「微かに粘りが残るサラサラ」くらいに薄めて塗り重ねていきます。



「粘りがないくらいサラサラ」に薄めてしまうと下地が溶けだし過ぎてしまうので上手くいきません (-_-)



20121228fb06.jpg


一層塗ってこのくらいの感じ。



これを好みの仕上がりになるまで何回か繰り返すのですが・・・



参考になるかは解りませんが、たにーちょの塗装法を解説させていただくのであります (≧∇≦)b




まずは、こんな筆を使用しております。




画材屋さんで購入した、2~300円のごくふつ~丸筆。中くらいの太さと、細いものと主にこの2本を使用しております。



20121228fb07.jpg




まずは、太めの方の筆で、3~4回ほどざっくりと塗り重ねていきます。



20121228fb08.jpg



ご覧のように、まだまだムラが多く、終わりが見えない状態。



太い筆で続けていても、なかなかこのムラは消えてくれませんので、このあたりで細めの筆に持ち替えます。



細めの筆で、塗装ムラを調節するように白をのせていくと・・・




20121228fb09.jpg




右半分が細い筆でムラを調節した後。




わずかにムラムラを残しつつ、いい感じに白がのってくれます ∑d(≧▽≦*)




こんな感じで、太めの筆でざっくりと色をのせた後に、細い筆でムラや下地の溶けだしを微調節しながら仕上げてまいります。



20121228fb10.jpg



細部も塗り分けて塗装終了~ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




20121228fb11.jpg




30周年記念ということで、このデカールをはっちゃいました (●⌒∇⌒●)



このデカールが曲者で、ずいぶんと固くてコシがあり、なかなか肩の装甲板にフィットしてくれません σ( ̄、 ̄=)



マークソフターをべっちょり塗っても全くダメなので、ダメもとで電気ファンヒーターの熱風にあててみると・・・


あら不思議、あっという間に滑らかにフィットしてくれましたよ ∩(´∀`)∩




若干しわが入った部分もありますが、その辺は後で塗装などでごまかせそうな範囲でありました。




20121228fb12.jpg




おっと、後ろのおねーさんもいい感じに仕上がっておりますね~ ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)




さ~、後は汚しをいれて最終仕上げであります。



続きは来年~♪




皆様良いお年をお迎えくださいませ <(_ _)>
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ファイアボール3

FB工作サクサクまいりますよ~ (´ ▽`)




メンテナンスハッチ開口部の内側を、プラ板で囲みます。




20121225fb01.jpg



20121225fb02.jpg




この箱組の中を、ジャンクパーツで適当にデコレーションいたします。



20121225fb04.jpg



秋葉原のイエサブスケールショップで購入した戦車や戦艦のジャンクパーツであります。



20121225fb03.jpg




後ろ側の小さなハッチもあけました。



20121225fb05.jpg




例によって、手足はエポパテでシーリングして固定ポーズであります。



整備中の機体ということで、いかにもマシーネン的な前のめりのダル~ンとしたポーズであります。



20121225fb06.jpg



20121225fb07.jpg



後は、表面についた瞬着やパテの汚れをヤスリで整えたら塗装ですね~ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ



サクサクッと続く~ (((((((((((っ・ω・)っ







テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ファイアボール 2

ファイアボール続きであります。



今回は、「基地に帰還し、再出撃前の補給を受けている」という情景をヴィネットにしようと思っています。



20121222fb01.jpg



そこで、補給・整備中の表現のためにメンテナンスハッチを開いている状態に加工します。



デザインナイフの背で、カリカリとスジ彫りを深くしながら切り取ります。



その他にも、真鍮パイプや真鍮線でディテールアップいたします (≧∇≦)b





レーザーガンの部分や・・・


20121222fb02.jpg





かかとのコードを受ける部分。



20121222fb03.jpg




アンテナの基部


20121222fb04.jpg





アンテナの軸も真鍮線に置き換えて強度アップであります d(≧▽≦*)



長さは後で調節いたします。


20121222fb05.jpg





登場ハッチの部分も、プラの軸では簡単におれそうだったので、真鍮線と真鍮パイプで取り外しできるようにしました。


これで塗装作業もやりやすくなるはずです ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




20121222fb06.jpg






燃料タンク(?)とエンジンにも、パイピングを施すための基部となる部分に真鍮パイプを埋め込んでおきます。



20121222fb07.jpg




こんなところも、プラから真鍮線に置き換えることでラインがシャープになって精密度が上がる気がします (´∀`)

20121222fb08.jpg





プラモ制作始めてから10カ月で、ずいぶんとこういった作業も手慣れてきました ∩(´∀`)∩




この調子でサクサクと進めます~ ε=ε=(*~▽~)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

ファイアボール 1

2012年2月に、初めて本格的なプラモ作成をはじめてから10か月がたちました。




10か月の間に手掛けたキットは・・・



メルジーネ

ケッツァー

ナッツロッカー

1/35グスタフ・1/35メルジーネ

グラジエーターリペイント


グラジリペイントを除けば、すべてシュトラール軍キットばかりと偏った制作内容でしたので、ここで一度本格的に傭兵軍キットに手を出してみたいと思います (>▽<)




記念すべきマシーネン30周年のラストを飾るにふさわしいキットは・・・




20121220fb01.jpg



やはりMa.Kの代表作でもあるSAFS系から、ファイアボールを選びました (≧ω≦)b



今回もちょっとしたヴィネットに仕上げる予定であります v(。・・。)



っても、今の時点でファイアーボールは完成。現在、ヴィネットに使用する素材集めの段階であります。



まずは説明書を確認し、制作工程をイメージするのであります。



20121220fb02.jpg



Ma.Kのキットって、ピンバイス等で穴をあける工作などが普通に指示されています。



このあたり、ちょっと中級者向けって感じがいたします ( ̄ω ̄;)



子供のころに作ったガンプラなんかにはなかった工程であります。




20121220fb03.jpg



ハセガワ製のキットと違い、ウェーブ製のキットはスナップフィットなので、仮組のストレスが少ないですね~




「殻割り」状態が再現しやすくなっているパーツ構成ですね ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ



今回はやりませんが、そのうち「殻割り」状態のヴィネットにもチャレンジしたいものです (´∀`)




20121220fb04.jpg



説明書取りに制作すると、


①フィギュアの顔を塗装

②ヘルメットを組み付けて、ヘルメットの合わせ目消し

③ヘルメットの塗装


と、面倒な手順になりますので・・・


パイロットの後頭部のダボを切り飛ばし、ヘルメットの内側を少し削ることで、フィギュアの頭とヘルメットを取り外しできるように加工いたしました。(写真は加工前)


これでフィギュアの塗装と、ヘルメットの塗装、本体の塗装など塗装作業を一度に進めることができるのであります ∑d(≧▽≦*)




20121220fb05.jpg




今回はハッチオープンの状態のヴィネットにしますので、パイロットの頭を斜めに固定することで、あたかも周囲と会話しているような表現にいたします。



ただし、顔を横に向けると頭がでっぱってしまうのでハッチは閉められなくなるんですけどね~ (;^_^A




またまた、まったりと続く~

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

そんな突然・・・

民主党歴史的大敗!!



そうなるかと思ってましたが、予想以上の負けっぷりに、ちょっとビックリたにーちょでありますが・・・




もっとびっくりなのが突然のアーケロン発売 ぉお!!(゚ロ゚屮)屮




これって事前にアナウンスありましたっけ??




定期的にウェーブさんのHPや、横山センセのHPチェックしておりますが、全くアナウンスなし・・・



皆さんご存知でした??



突然の発売に驚くものの、アーケロンのデザインてあんまり好きじゃないし、制作意欲刺激されないんだよな~と思いながらも、念のために1個だけポチリ・・・



20121217ac01.jpg




届きました。



お~・・・やっぱりMa.Kのパッケージデザインはこうでなきゃね (。・・。)




中身は・・・と




20121217ac02.jpg




おお、説明書のデザインも、古き良きMa.Kの雰囲気ですな (´▽`)




塗装パターンもなんだか・・・カッコいい・・・




あれ?





あれれ(・o・;)???




なんだかアーケロンがかっこよく見えてきましたよ( ̄口 ̄*)??




なんだか、ちょっとしたヴィネットに仕上げてみたくなりましたよ??




・・・ということで、追加でポチリ・ポチリといたしましたとさ・・・




ま、いつ作るかは未定ですが・・・

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

グラディエーター ヴィネット 5 完成

グラジヴィネット完成写真のお披露目でございます~ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ






20121211gdv01.jpg




偵察兵とそれを護衛するグラディエーター。
グラディエーターを連れての偵察では目立ってしょうがない気もしますが、その辺はスルーで・・・ ヾ(;´▽`A``



20121211gdv02.jpg




見つめる先にはシュトラール軍の前線基地が・・・




20121211gdv03.jpg



ちなみに、この二人の兵士は、移動時はグラジ胴体についている持ち手等につかまっての移動となります。



敵に見つかったらグラジにつかまってスタコラサッサ~



20121211gdv04.jpg


轍や足跡の部分のぬかるみはエナメル塗料のツヤありクリアで表現。




20121211gdv05.jpg




20121211gdv06.jpg



20121211gdv07.jpg



最後にお気に入りの一枚



20121211gdv08.jpg





わざわざ生身の兵士を連れていかなくても、グラジ一機で偵察に行った方がよっぽど安全で確実じゃね~かとツッコミどころ満載ではありますが、楽しんで作れました~ ∩(´∀`)∩




もう一機のグラジは、気が向いたら別のヴィネットに仕上げてやりたいと思います^^

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

グラディエーター ヴィネット 4

2012年も残すところわずか。



なかなか仕事が忙しくて、プラモどころではないのは皆様一緒では?






さてさて、サクッとグラジヴィネット完成であります~ (*⌒∇⌒*)




完成写真のお披露目は後日として、とりあえず制作過程など・・・




20121210gdv01.jpg




粘土がしっかりと乾燥したところで、タミヤのテクスチャーペイントの出番であります。




このテクスチャーペイント「雪」には、大理石のパウダーが含まれているのですが、そのパウダーの大きさ違いで、普通の「雪」と「粉雪」がございます。



今回は「雪」の方を使用したのですが、思った以上に大理石の粒子が大きくオーバースケール気味 ( ̄ω ̄;)




「粉雪」の方がいいのかも~



20121210gdv02.jpg



「雪」が乾燥したところで今度はこれであります。



20121210gdv04.jpg



こいつを指でつまんで短くカット。



木工用ボンドで植え付けていきます。



20121210gdv05.jpg




続いて、軽量紙粘土に水と木工用ボンドを適当に混ぜたもので、「ドロドロ」を作ります。
WR荒川さんの書籍「円形劇場」に載っている方法ですね(=´▽`=)





それを用いてグラジの足と地面との隙間を埋めたり、グラジの足に付着したドロの表現に使ったりしました。




20121210gdv06.jpg



乾いてから「雪」をのせたり、エナメル塗料で汚すとこんな感じ~




20121210gdv07.jpg




最終的に、グラジや偵察兵も含めて、エナメル塗料で汚したり、エナメルのツヤありクリアで雪や泥にツヤを加えて、グチャグチャドロドロな感じを表現してやりました ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




これにて、サクッと(私にしては・・・)グラディエーターヴィネット完成であります~ ∩(´∀`)∩ワァイ♪




完成写真は明日にでも~ ((〃 ̄З ̄)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

グラディエーター ヴィネット 3

東急ハンズでこんな木のベースを買ってまいりました。





1000円以上と結構高価 ( ̄△ ̄;)





20121206gdv01.jpg





ここに、紙粘土で直接地面を作って、お手軽ヴィネットにいたします。





このままでは、紙粘土の食い付きが悪そうなので・・・




20121206gdv02.jpg




ステンレス製のネジをうっておきます。




鉄製のネジだと、後々にサビが浮いてくるそうです。




割れを防ぐために、木のベースにあらかじめ穴をあけておきます。





これがかなり面倒な作業でしたよ ( ̄ω ̄;)




はたして、これだけの本数のネジが必要だったかは疑問ですが、あとあとベリッと紙粘土が剥がれてしまうよりは、転ばぬ先の杖ということで・・・




20121206gdc03.jpg



例によってダイソーの軽量紙粘土(黒)であります。




このままでも、泥土っぽい雰囲気ですね。




粘土がネチャネチャしないように、ある程度乾いたところで、轍や足跡(人・グラジ)をつけます。




完全に乾いたら、雪化粧を施しますよ~ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

グラディエーター ヴィネット 2

年末に向けて、なんだか急な仕事などで忙しくしております (・・;)




さて、偵察兵の方々は、いつものごとくマホガニーから立ち上げてまいります。




20121203gdv01.jpg




エポパテで適当にこさえたフードですが、それっぽく仕上がってますね v(。・・。)




20121203gdv02.jpg




一般的なイメージとして、シュト軍=ドイツ軍、傭兵軍=アメリカ軍・連合軍って感じかと思いますので・・・




多国籍な連合軍っぽさを出すために、アフリカ系の兵隊さんであります。




20121203gdv03.jpg




こちらはヨーロッパ系。どうせ顔見えなくなるので適当な塗りであります。




20121203gdv04.jpg




元ドイツ兵の二人ですが、傭兵軍っぽくなったかと。




つづく~

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RSSリンクの表示
FC2カウンター
プロフィール

たにーちょ

Author:たにーちょ
はじめまして(^^)
たにーちょと申します。

最近チャレンジを始めた「マーシーネンクリーガー」のプラモデル作製をメインに、ロードバイクのことや、日常のことなどをつらつらと書いていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
<(_ _)>


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリーに参加しています!
是非ご覧下さい =*^-^*=

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。