スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35グスタフ・メルジーネ 10

ここ最近、21~22歳くらいの若いお嬢さん方が職場実習に来ております。




いわゆる「ゆとり教育ど真ん中世代」の子たちですが、今のところ大きなトラブルもなく一安心( ̄▽ ̄)




皆、素直で「カワイイ子」たちばかりで、なによりであります ∩(´∀`)∩♪




さて、グスタフ・メルジーネですが・・・





また基本工作に戻ります。





20120830gm01.jpg






溶接跡をつけたり・・・



前回の偵察車両の作成では、ヒートペンを使いましたが、今回は面倒だったので流し込み接着剤で軟らかくしたものを、ケガキ針で押しつぶして表現しました。
 



結果、ヒートペンと大差ない仕上がりに・・・ σ( ̄、 ̄=)





単に押しつぶすだけの工作ならヒートペンを使う意味はなさそうです。




ただ、ヒートペンには溶接跡表現専用のペン先も販売されているので、一度試してみたいところですね~ 
( ̄▽ ̄)





20120830gm02.jpg




続いて、真鍮線とスプリングで動力パイプの作成であります。





20120830gm03.jpg





メルジーネの腕の部分に、真鍮パイプを埋め込んでスプリングの「受け」部分のディティールアップ。






20120830gm04.jpg






最後に、真鍮線を使って、アンテナやガード類を作成いたします。






20120830gm05.jpg





アンテナは、キットのままだとモールドにシャープさがないので、真鍮パイプ・真鍮線・スプリングを組み合わせて作成。




アンテナ類は、多少面倒でも金属に置き換えたほうが、シャープなシルエットになってかっこいいですね
(≧ω≦)b





スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35グスタフ・メルジーネ 9

さあ、パンツァーファウスト輸送ケースもサクッと完成であります ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ





20120827gm03.jpg





パンツァーファウストは塗装とデカール貼り付けまですませます。





新品のはずですから、汚しやチッピングの表現はなしであります。




ケースも、内部含めて基本塗装は終わっています。






20120827gm04.jpg






塗装が乾いたら、このように組み上げていきます。この時点でケースを接着します。






20120827gm05.jpg





一見完成しているように見えますが、ケース上下や前後の部分に筋交が入っていませんので、これを真鍮線で追加していきます。





20120827gm06.jpg





接着はゼリー状瞬着。ケースは接着済みなので、狭い隙間を工夫しながら取り付けます σ( ̄、 ̄=)





20120827gm07.jpg





20120827gm08.jpg





20120827gm09.jpg





こうやって持たせると、かなりデカイですね・・・ ( ̄Д ̄;;






こりゃ、人力じゃ運べそうにないですね。






最終的な塗装の仕上げは、また後にやるとして、とりあえず完成であります ∩(´∀`)∩





次回からまたPKAの制作に戻ります。つづく~ ε=ε=ε=ε=ε=(o- -)o

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35グスタフ・メルジーネ 8

ブログを書いていると、「グスタフ」だったか「グフタス」だったか、ときどき解らなくなります (・・。)ゞ





さて、前回作った4本のパンツァーファウストですが・・・





ぢぇいさん、大正解 ∑d(≧▽≦*)




パンツァーファウスト 輸送ラックを作ります。






20120825gm01.jpg



L字型のプラ棒を使用して、骨組を組んでいきます。




こういったものは、垂直・水平がカッチリと出ていないとかっこ悪いですから、定規をあてがってきっちりと組んでいきます。





20120825gm02.jpg







パンツァーファウストの固定は、このようなH断面のプラ棒に穴をあけて・・・







20120825gm03.jpg





そこに差し込むような形で取り付けます。





基本、現物あわせで作っていますが、各部の寸法、垂直・水平だけはきっちりと厳密にやっておきます。





20120825gm04.jpg





持ち手もつけておきます。




この時点では、まだすべてのパーツは接着していません。




先に内部の塗装を終えてから、外側を仕上げていかなければならないのであります。





つづく~ ~((((~´∀`)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35グスタフ・メルジーネ 7

さて、手足のポージングも決まり、基本的な工作はほぼ終わりましたので、ここで、ちょっとしたこだわりの小物制作に移りたいと思います ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ





キットに入っているパンツァーファウストの弾頭部分と、プラパイプを用意します。




20120824gm01.jpg





プラパイプを一定の長さに切り出して、パンツァーファウストの持ち手にいたします。





20120824gm02.jpg






そのまま接着では強度に不安が残るので、真鍮線で軸を打ちます。






20120824gm03.jpg









20120824gm04.jpg





他にもキット通りにパンツァーファウスト、パンツァーシュレックを組み立てました~ (´∀`)






20120824gm05.jpg





さて、奥にあるパンツァーファウスト・シュレックはそれぞれグスタフ・メルジーネに持たせるとして、手前の4本を使って、ちょっとしたものを作ろうと思います。





次につづく~ ㏄= ㏄=┌( ・_・)┘

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35グスタフ・メルジーネ 6

前を走ってる車のナビの画面が、アダルトビデオ再生中 w( ̄o ̄)w



なんで運転中まで・・・??



と思いながらも、信号待ちで食い入るように見てしまいましたよ・・・ (>▽<;




ちなみに、女子高生ものでありました ∩(´∀`)∩♪






さて、グスタフ・メルジーネは腕の制作であります。






20120820gm01.jpg







あらかじめ胴体に開けてあった穴に、1.5mmのアルミ線をゼリー状瞬着で接着。





20120820gm02.jpg





こんな感じ。これを芯にして、腕を作っていきますが・・・






その前に・・・







20120820gm03.jpg

ぶい~ん ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ








20120820gm04.jpg

ぴ~け~え~(PKA) 48!

もしくは、宇宙戦隊 ペカレンジャー!!






なんて、ちょっと遊んでみたり・・・ (´∀`)








で、本題に戻ります。




アルミ線を軸に、腕パーツを差し込んで、関節の間はエポパテでシーリング。




20120820gm05.jpg




腕のパーツはもともと空洞になっているので、その穴を利用してアルミ線を通してあります。





20120820gm06.jpg





アルミ線を軸にしていますので、ポーズも自由自在♪





20120820gm07.jpg




だいぶ形になってきましたね~




まだまだ続く~ ≡≡≡ヘ(*゚∇゚)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35グスタフ・メルジーネ 5

世の中はお盆休みですが、たにーちょはあまり関係なく仕事中であります (*´ο`*)=3




さて、大っきらいな合わせ目消しは何とか終了しましたので、手足を組み付けてまいります。





20120817gm01.jpg





1/35のグスタフ・メルジーネの手足の関節は、キットの通りに組むと、ご覧の角度で固定になります。





20120817gm02.jpg
横からみた図





多少、内股気味やがに股気味に開きを変えることはできますが、この立ち姿×6機では芸がないので・・・







20120817gm03.jpg






胴体側の足の取り付け位置にエポパテを少々盛り付けて・・・







20120817gm04.jpg







こんなふうにムニッと角度をつけて足を取り付けます。






20120817gm05.jpg






ノーマルよりは若干足を開くことができます。





次は、足首の取り付けですが・・・






20120817gm06.jpg






足のパーツはこんな感じ。





ここに・・・






20120817gm07.jpg






こんな球状の足関節部分を任意の角度で取り付けるのですが・・・ σ( ̄、 ̄=)








20120817gm08.jpg






股の前後の開きを変えたので、足首が届かなくなってしまっています ( ̄▽ ̄;)






膝関節を切断して角度を調整するのはさすがに面倒なので・・・






20120817gm09.jpg







関節シーリングも兼ねてエポパテで強引に固定 (>▽<)b





20120817gm10.jpg







やれやれ・・・次は腕に続く~  ……ε( o・ω・)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35グスタフ・メルジーネ 4

さてさて、メルジーネのハッチを開けましたので、内部を作りこむ必要がでてまいりました。





一番の問題はシートをどうするかですが・・・ σ( ̄、 ̄=)





今回は「おゆまる」なるものを使った、簡単複製にチャレンジであります ∩(´∀`)∩






4902655001462-1.jpg






100円ショップでも売っているそうですが、たにーちょは東急ハンズでバラ売りのものを購入。






ちょっと弾力のあるゴムのような素材で、お湯につけると軟らかくなり、自由に変形できるという商品であります。





こいつを使って・・・





20120814gm01.jpg




まずはグスタフについてきたシートを型取りします。




細かい凹凸までしっかりと型取れるように、ぎゅ~っと押しつけます。





パーツには念のためハンドクリームを塗っておいて、型に張り付かないようにしておきます。

(固まったおゆまるの表面は結構滑らかなので、必要ないかもしれません。)






おゆまるが冷えて固まったらパーツからはがします。





20120814gm02.jpg





変にパーツに張り付くこともなく、きれに型取れました~ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ♪





ここに、またハンドクリームを塗りつけておいて、エポパテをギュギュッと詰めていきます。






細かな凹凸までしっかりとパテが詰め込まれるように、細かい部分は、先に小さなパテの塊を詰め込んでおきます。






20120814gm03.jpg






細かな凹凸までしっかりとエポパテが充てんされました ∑d(≧▽≦*)







おゆまるが透明なので、エポパテの詰まり具合がよく見えてやりやすいのであります。







あとは、パテがしっかりと硬化するまで待って・・・






20120814gm04.jpg






ポコッと型から取り出しました。






この時も、拍子抜けするくらいにすんなりと型から外れてくれました。





パテのまわりが不十分なところもなく、なかなかの出来栄えであります ∩(´∀`)∩





あとは、ハミだした部分を切り取って、表面をヤスリで仕上げれば、十分に使えるシートができました。






使い終わったおゆまるは、またお湯につければ何度でも再利用できるようです。





これは、なかなか使い勝手のいい商品であります (≧ω≦)b





型の押し付け具合、パテの押し込み方に注意すれば、結構細かいものでも型取れそうなカンジです。




まだまだ続く~ ㏄= ㏄=┌( ・_・)┘

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35グスタフ・メルジーネ 3

「進撃の巨人」てマンガご存知です?





以前から、結構話題になっているマンガなのですが・・・




その最新刊を読んで・・・





「そうきたか~・・・」と。





前半部分は、「やっぱそうだよね~」という読み通りの展開でしたが、中盤からは全くの予想外の展開に・・・




なかなか面白いマンガですよ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




お勧めです~ (´∀`)






さてさて、グスタフ・メルジーネの量産ですが・・・





今回の制作では、6機のPKAのうち、5機がグスタフ、1機がメルジーネとなっております。




その、メルジーネをハッチオープン状態に改造いたします。切った貼ったの大掛かりな改造は初めてですが、うまくいくでしょうか~ (≧ω≦)




20120812gm01.jpg






ヒートペンを使います。






20120812gm02.jpg





温度設定が悪いのでしょうか? 切り口が溶けて盛り上がってしまいました σ( ̄、 ̄=)




ま、どっちみち断面はヤスリで整えなければいけないので、それほど大した問題では無いですね。




それよりも、スムーズにカーブを描きながら切断できるのは便利ですね~ ∩(´∀`)∩






20120812gm03.jpg





ハッチを切り取ったら、内部に隔壁をプラ板で制作します。





現物あわせで適当に・・・





20120812gm04.jpg




切り取ったハッチの内側は適当にデッチアップ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




1/20のメルジーネが手元にありますが、あまりそれは参考にせずに、自分の好きなようにパーツを貼り付けちゃいました。



エポパテを土台に、ムニムニっと張り付けただけであります。




なんかショボく見えますが、塗装をして質感を整えればかっこよくなるはず・・・ ヾ(;´▽`A``





20120812gm05.jpg




ボディ側も適当にであります d(≧▽≦*)





さ~て、中を作りこむとなると、シートを何とかしなければいけませんね~ ( ̄  ̄;)





エポパテで0から造形するってのも面倒なので・・・





「おゆまる」を使った簡単複製にチャレンジしてみるのであります! つづく~ ゛(ノ・o・)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

35グスタフ・メルジーネ 2

日本女子レスリング、すごいっすね!





グスタフ・メルジーネの量産ですが、ぼちぼちと進めております。






2012081035gm01.jpg






う~ん、6機分のランナーを並べただけで気持ちがちょっと萎えますね~ ε=(。・д・。)





とりあえずは、塗装までの手順を考えながら仮組であります。




2012081035gm02.jpg




コクピット内部や、防弾ガラスなんかはアトハメしたいところですね~





2012081036gm03.jpg




うん。よさそうですね。コクピット関係は特に加工しなくてもアトハメできそうです (≧ω≦)b





2012081035gm04.jpg




腕はアルミ線を通して関節シーリングをパテで制作する方法になりますので、この時点でアルミ線用の穴をあけておきます。1.5mmの穴であります。




2012081035gm05.jpg




1機づつ金属トレーに載せてパーツ管理をいたします。





2012081035gm07.jpg





基本の組み立てが終わったら、チマチマとヤスリがけであります。





黒瞬着の削り具合があまり好きではないので、たにーちょはタミヤパテで合わせ目消しをおこなっております。





そんなに急いで作る必要もないですしね~ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




今回、スポンジヤスリを使ってみました。




横山センセも絶賛されておりましたが、非常に使いやすいのであります ∩(´∀`)∩





ちょっとお値段高めなのが玉にきずですが、大っきらいなヤスリがけのストレスが多少は軽減されます。




それにしても・・・





6機分の基本加工に1週間近くかかってしまいましたよ・・・ ┌┤´д`├┐





ジンワリつづく~ o~((((~´∀`)~

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

原宿へ・・・

昨日、夏休みの中の中学生、高校生や、猫耳付けた外国人観光客の方々の間を縫うように・・・






いってまいりました、原宿BEAMSです ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ





20120808mk01.jpg






ええ、もちろんオシャレなお洋服を買いに来たわけでは無くて・・・





マシーネラーの方々なら御存じ・・・





20120808mk02.jpg







「横山宏エキシビジョン」であります。









BEAMS3階のオシャレな空間に、パッケージ原画の展示や、横山センセオリジナルのMa.K.モデルたちが勢ぞろい。





Ma.K.の始祖たるオリジナルのAFSなどもあり、感動ものの展示でありました ∩(´∀`)∩






平日ということで、私の他には1~2名の方がポツリポツリといらっしゃる程度でしたので、とてもゆっくりと見ることができました。






横山センセ制作のプラモの数々を拝見して感じたのが、その芸術性の高さ!





まあ、本職がアーティストですので当たり前ですが・・・





私、プラモの上手い、下手って、いかにプラモを「本物らしくリアル」に仕上げるかだと思っていたのですが・・・





センセの作品を見て眼からウロコであります。





センセの作品って、もちろん高い完成度で、リアリティもあるのですが、それ以上にアート。





塗装面をじっくり見ると、様々な筆のタッチが残っていたり、思いもよらないような色が隠れていたり・・・






一見すると、雑多に色を塗ったように見えるのに、一歩離れてみるとものすごい存在感とリアリティを感じる立派なアート作品。





まさしく、3次元のキャンバスに描いた立体絵画の世界。





そこから生まれる作品のパワーたるや、単にキレイキレイに作ったガンプラなんかの世界とは一線を画する猛烈なものでありました。






「本物とまったく同じように」作るプラモも魅力的ですが、たにーちょ個人としては、横山センセの生み出す芸術的な作風により魅力を感じるのであります。






いや~、ものすごく刺激的な展示でしたね~






写真撮影禁止だったのが残念でなりません (´Д`)





ところで、展示会場では、色々とマシーネングッズも販売されておりまして・・・





たにーちょはこんなの買ってきましたよ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ






20120808mk03.jpg





傭兵軍デカールセットであります。




2000円と安くはないですが、魅力的なデカールがたくさん入ってました~ (≧∇≦)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RSSリンクの表示
FC2カウンター
プロフィール

たにーちょ

Author:たにーちょ
はじめまして(^^)
たにーちょと申します。

最近チャレンジを始めた「マーシーネンクリーガー」のプラモデル作製をメインに、ロードバイクのことや、日常のことなどをつらつらと書いていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
<(_ _)>


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリーに参加しています!
是非ご覧下さい =*^-^*=

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。