スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グスタフとグロフンのベース制作 2

10月5日にライブに行く気満々だったたにーちょですが・・・



娘の幼稚園の運動会とモロカブリなことが昨夜判明orz



前売り券買う前でよかった・・・


さて、グロフンタスのベースですが・・・



粘土が乾いたところで、タミヤのウェザリングマスターを使って仕上げていきます。


20140606gh05.jpg



ウェザリングマスターを直接すり込んだり、ペトロールに溶いたものを塗りつけたりと。




20140606gf07.jpg



そんな父親の隣で、娘はジバニャン制作中・・・



20140609gf01.jpg


ちゃんとヤスリがけもしましたよ。



20140609gf02.jpg



そんなこんなで完成^^



後日、ゆっくりと完成写真を撮影しようと思います。
スポンサーサイト

グスタフとグロフンのベース制作 1

仕事忙しいっす ><



日頃の疲れがたまっており、朝起きたら「疲れた~」って感じの毎日であります orz


そんなわけで、プラモは微微速前進中。


グスタフとグロフンのベースを作っていました。


20140606gf01.jpg



ハンズで購入した飾り台を、水性ニスで着色します。



説明書通り、一層塗って乾いたらヤスリがけという工程を3~4回繰り返すと、ツヤツヤになります。


20140606gf02.jpg


次に、紙粘土の食い付きを良くするためのネジを配置しておきます。


この際に、あらかじめドリルで穴をあけておかないと、無理やりネジを捻じ込むと木が割れてしまいますよ。


20140606gf03.jpg



ほらね・・・><


穴の太さ、深さが不十分だったみたいで、見事にひび割れました orz


地面の素材はこちらを使用します。


20140606gf04.jpg



ダイソーの着色ねんど。黒が便利です。



タッパーに入ってるのは、ミラコン模型用粘土を着色して乾燥させたものを、様々な大きさに砕いたものです。


このミラコンは、石膏みたいな粉状の商品で、これに水を混ぜて粘土状にして使用します。


水の分量の加減が難しくて扱いにくいのですが、乾燥するとかなり自然な土・石ころの質感になってくれます。


紙粘土を盛り付ける際には、たっぷりと木工用ボンドを使用します。


20140606gf05.jpg


ダイソー粘土を盛り付けた上に、ミラコンで作った砂粒をまぶします。


20140606gf06.jpg



砂粒を固定するために、つや消しのトップコートをたっぷりと吹きかけます。


このままでは、まだまだ土の質感に乏しいので、粘土が乾燥してからもう少し手を加えます。


ヘロヘロになりながらも、つづく~ =ε=ε=┌(;*´Д`)ノ

RA272 ヴィネットに

先日完成したRA272ですが・・・



フィギュアを添えました。




20130530ra01.jpg



先日再版された、林氏原型の整備士さん。



胸の谷間が魅力的な一品です ∩(´∀`)∩




20130530ra02.jpg




もう一人の整備士おねーさんも添えて、1/20F1ピットクルーのキットから工具箱と整備スタンドを拝借。




20130530ra03.jpg




帽子はブロ友のも(きむら)さんが古いホンダのメカニック用帽子の画像を教えてくださいましたので、それを参考に・・・



Ma.KのフィギュアセットAに入っていた帽子を、「おゆまる」で型取り、エポパテで簡単複製したものです。



頭にかぶせるのは難しかったので、メンテスタンドに引っ掛ける形で設置。




このヴィネット、タマミーの前日の夜に完成し、懇親会のネタに持っていったのですが、とても好評でありました。



もともと、「ちょっと試しにカーモデルでもつくってみよか~」と練習で制作したキットですが、TINAMIでも過去最高の評価をいただきましたし、タマミー会場でもたくさんの方に関心を持っていただいて、嬉しい限り(*^▽^*)ゞ  



一作品仕上げるごとに、自分の技術が上がっているのが実感できるので、最近ますますプラモ作りが楽しいのであります ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




さ~て、次の作品は・・・今度もMa.K以外のキットであります。



車の次は・・・さて何でしょう?

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

グラディエーター ヴィネット 5 完成

グラジヴィネット完成写真のお披露目でございます~ ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ






20121211gdv01.jpg




偵察兵とそれを護衛するグラディエーター。
グラディエーターを連れての偵察では目立ってしょうがない気もしますが、その辺はスルーで・・・ ヾ(;´▽`A``



20121211gdv02.jpg




見つめる先にはシュトラール軍の前線基地が・・・




20121211gdv03.jpg



ちなみに、この二人の兵士は、移動時はグラジ胴体についている持ち手等につかまっての移動となります。



敵に見つかったらグラジにつかまってスタコラサッサ~



20121211gdv04.jpg


轍や足跡の部分のぬかるみはエナメル塗料のツヤありクリアで表現。




20121211gdv05.jpg




20121211gdv06.jpg



20121211gdv07.jpg



最後にお気に入りの一枚



20121211gdv08.jpg





わざわざ生身の兵士を連れていかなくても、グラジ一機で偵察に行った方がよっぽど安全で確実じゃね~かとツッコミどころ満載ではありますが、楽しんで作れました~ ∩(´∀`)∩




もう一機のグラジは、気が向いたら別のヴィネットに仕上げてやりたいと思います^^

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

グラディエーター ヴィネット 4

2012年も残すところわずか。



なかなか仕事が忙しくて、プラモどころではないのは皆様一緒では?






さてさて、サクッとグラジヴィネット完成であります~ (*⌒∇⌒*)




完成写真のお披露目は後日として、とりあえず制作過程など・・・




20121210gdv01.jpg




粘土がしっかりと乾燥したところで、タミヤのテクスチャーペイントの出番であります。




このテクスチャーペイント「雪」には、大理石のパウダーが含まれているのですが、そのパウダーの大きさ違いで、普通の「雪」と「粉雪」がございます。



今回は「雪」の方を使用したのですが、思った以上に大理石の粒子が大きくオーバースケール気味 ( ̄ω ̄;)




「粉雪」の方がいいのかも~



20121210gdv02.jpg



「雪」が乾燥したところで今度はこれであります。



20121210gdv04.jpg



こいつを指でつまんで短くカット。



木工用ボンドで植え付けていきます。



20121210gdv05.jpg




続いて、軽量紙粘土に水と木工用ボンドを適当に混ぜたもので、「ドロドロ」を作ります。
WR荒川さんの書籍「円形劇場」に載っている方法ですね(=´▽`=)





それを用いてグラジの足と地面との隙間を埋めたり、グラジの足に付着したドロの表現に使ったりしました。




20121210gdv06.jpg



乾いてから「雪」をのせたり、エナメル塗料で汚すとこんな感じ~




20121210gdv07.jpg




最終的に、グラジや偵察兵も含めて、エナメル塗料で汚したり、エナメルのツヤありクリアで雪や泥にツヤを加えて、グチャグチャドロドロな感じを表現してやりました ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ




これにて、サクッと(私にしては・・・)グラディエーターヴィネット完成であります~ ∩(´∀`)∩ワァイ♪




完成写真は明日にでも~ ((〃 ̄З ̄)ノ

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

RSSリンクの表示
FC2カウンター
プロフィール

たにーちょ

Author:たにーちょ
はじめまして(^^)
たにーちょと申します。

最近チャレンジを始めた「マーシーネンクリーガー」のプラモデル作製をメインに、ロードバイクのことや、日常のことなどをつらつらと書いていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
<(_ _)>


プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
モデラーズギャラリーに参加しています!
是非ご覧下さい =*^-^*=

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。